« October 2017 | Main | March 2018 »

January 2018

2018.01.21

pHをペーハーと読むのは誤り(JISでは)

Ph
個人的には「ペーハー」が好きです。
発音しやすい、響きが美しい、紛らわしい類似語がない、言うことありません。

しかし2012年の環境計量士(濃度関係)国家試験でこんな問題が出題されました[1]。

「JIS Z 8802 pH測定方法」に規定されているpH測定方法に関する以下の記述の中から、正しいものを一つ選べ。」

回答の選択肢は5つ挙げられていて、その一つが
「pHはピーエッチ又はペーハーと読む。」
でした。実はこの選択肢は間違いです。JIS Z 8802には
「pHはピーエッチ又はピーエイチと読む。」
と規定されています。

つまり2012年以降に環境計量士試験を受験した方たちは、過去問として「ペーハーは誤り」と勉強しているわけです。

MSをマスと読まないことについては、質量分析学会の用語集(最新版)[2]でもMS/MSの項目でエムエスエムエスの読みを付けるに留まっており、マスを直接否定する文言はありません。

しかしペーハーに関しては国家試験の選択肢で誤りになっているわけで、さすがに抵抗できない気がします。私が「ペーハー」の読みを使うことで、それに慣れた人が将来JIS関係の国家試験を受ける場合不利になる可能性だってあるからです。

そういうわけで、私は業務上はできるだけピーエッチと言うようにしています。

しかし分析の新人が「ペーハー」と聞いて理解できずに困る場面も考えられるので、入門書[3]の執筆ではJISの説明をした上で、
「ドイツ語読みのペーハーも一部で使われています。」
と書きました。表現に非常に気を使いました。

よく見ると冒頭の環境計量士試験の問題文でもJIS規定の範囲内と絞った書き方です。JISを離れればペーハーは間違いではありません。私の好みはペーハーの方ですから、他の人がペーハーと言うのは心地よく聞いています。

[1]日本計量振興協会 "環境計量士(濃度関係)国家試験問題 解答と解説 2.環化・環濃 平成24年~26年", コロナ社 (2014)
[2]日本質量分析学会 "マススペクトロメトリー関係用語集第3版(WWW版)"
http://www.mssj.jp/publications/books/glossary_01.html
[3]津村ゆかり "図解入門 よくわかる最新分析化学の基本と仕組み 第2版", 秀和システム (2016)

画像はPd4Pic Clipartより

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.10

質量分析(計)のことをマスと呼びたいっ!

「マス」という言葉。質量分析をやっている人なら聞いたことがあるはずです。普通に使っている人も多いでしょう。
質量分析(mass spectrometry)または質量分析計(mass spectrometer)を表すMSの読みとして使われます。
単独で使われるだけでなく、他の略語と組み合わせても使います。

GC/MS → ガスマス または ジーシーマス
LC/MS → 液マス または エルシーマス
MS/MS → マスマス
TOF-MS → トフマス

MSと関係が無い人も、これらの語で「エムエス」でなく「マス」と発音するとどんなに便利で聞き取りやすいか想像がつくのではないでしょうか?

こんなに有用なのですが、「マスという言葉を使ってはいけない」と言われたことがある人、聞いたことがある人もいるはずです。
私が知っている最も詳しく強力な主張は、2007年に日本質量分析学会の機関誌に掲載された文章[1]です。

確かに禁止論にも一理あるのですが、非常に便利な言葉ですし、分析の新人が聞いて理解できるほうが良いだろうと考え、2016年執筆の入門書[2]ではコラムとして「マス」を紹介しました。
しかし一抹の後ろめたさのようなものを抱いてきたのも事実です。

ところが昨年の記事(5/276/18)でも引用させていただいた津越さんが、非常に興味深い意見を日本分析化学会の機関誌に書かれました[3]。

日本質量分析学会用語集では,MSをマスと読まないようにとしているが,mass spectrometryの略がMSであるように,日本語でのペクトロメトリーの略であるから,マスは真っ当な略語である。

「マス」の語に市民権を与えようと主張されているのです!
この心意気に私は大いに共感しました。ご本人に確認したところ、この説は津越さんのオリジナルで今回が初出だそうです。

感動のあまり、このブログで紹介すると共に、私の意見も付け加えたいと思います。

率直なところ、日本語の略語の作られ方としてマとスの組み合わせでマスになるかといえば、ちょっと無理があるような気がします。

ナス型コルベン → ナスコル
メスフラスコ → メスフラ
パーソナルコンピュータ → パソコン

のように2音節を組み合わせて4音節にする略語が典型的であり、1音節を組み合わせた略語はかなり特殊ではないでしょうか。

一方で、日本語では頭文字の組み合わせでなく冒頭部分を抜き出す略語も一般的です。

スーパーマーケット → スーパー
携帯電話 → 携帯
コンビニエンスストア → コンビニ
リハビリテーション → リハビリ

ですから、「マス」は「マススペクトロメトリー」の冒頭を抜き出した語と考えるほうが自然な気がします。
分析化学に関連する語でも、あくまで口語ですが、

ラマン分光分析(装置) → ラマン
赤外分光分析(装置) → 赤外
エバポレーター → エバポ

といった使い方がされています。
どの程度公式な場面まで認められるかは議論の余地があるでしょうが、少なくとも日常語として「マス」を使うことに支障は無いのではないでしょうか。

津越さんの一文に大きな勇気をもらいました。さて、今日もガスマスを使って仕事してきます。

2018/1/12 追記
MSをマスと読まないとの記述が日本質量分析学会用語集のどこにあるか探しましたが、第3版のウェブ版[4]、冊子版[5]とも見つけられませんでした。第2版以前の記述かもしれません。

[1]吉野健一 "目から鱗のマススペクトロメトリー 第10回 「マス」と「MS」? 「マス」って何ですか??", Journal of the Mass Spectrometry Society of Japan, 55(4), 298-309 (2007).
https://www.jstage.jst.go.jp/article/massspec/55/4/55_4_298/_article/-char/ja/
[2]津村ゆかり "図解入門 よくわかる最新分析化学の基本と仕組み 第2版", 秀和システム (2016).
[3]津越敬寿 "入門講座 分析機器の正しい使い方 熱分析", ぶんせき, 2017(12), 568-574 (2017).
http://www.jsac.or.jp/bunseki/pdf/bunseki2017/201712nyuumon.pdf
[4]日本質量分析学会 "マススペクトロメトリー関係用語集第3版(WWW版)"
http://www.mssj.jp/publications/books/glossary_01.html
[5]日本質量分析学会 "マススペクトロメトリー関係用語集(第3版)", 日本質量分析学会 (2009)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2017 | Main | March 2018 »