« August 2016 | Main

September 2016

2016.09.06

「LC/MS, LC/MS/MS Q&A100 虎の巻」

Lcms
LC虎の巻シリーズ(2001年から2006年に刊行)は液体クロマトグラフィーの定番解説書です。このほどLC/MSについても虎の巻が出ました。

この本がどんな本でどんな人に合いそうか、ご紹介します。

LC虎の巻シリーズは「虎の巻」が入門編で「龍の巻」「彪の巻」…と内容が高度になっていますが、「LC/MS, LC/MS/MS Q&A100 虎の巻」は入門編ではありません。ある程度LC/MSに関する知識を持っている人向けの内容です。

2014年刊の「LC/MS,LC/MS/MSの基礎と応用」、2015年刊の「LC/MS,LC/MS/MSのメンテナンスとトラブル解決」に続く姉妹編の3冊目とのことです。
つまり、この虎の巻は前2冊の内容を理解している人向けと言えます。初学者の方にはまず「基礎と応用」を読むことをお勧めします。

何しろ、こういう質問から始まっています。

Q1 「エンドフィッティング」「カラム栓」などの呼び方をされる部品は、「カラム」に含まれるのでしょうか?

Q2 送液ポンプの「プランジャー」はメーカーによっては「ピストン」とも呼ばれているようですが、どちらが正しいのでしょうか?

単に分析手法としてLC/MSを見るのでなく、全編「LC/MS愛」にあふれています。

個人的には次の質問が「そうだったのか!」でした。

Q14 最近、「四重極型質量分析計」などの表現が「四重極質量分析計」などのように「型」が取れたものに変わっていますが、その背景・理由は何ですか?

Q4 「質量分析」と「質量分析法」は同じものを指すのでしょうか?

マニアックとも言える設問は前半に多く、後半は意外に基礎的な質問が並んでいます。

Q93 四重極質量分析計の原理
Q94 飛行時間質量分析計の原理
Q95 イオントラップ質量分析計の原理
Q98 「選択イオンモニタリング」とは?
Q99 「選択反応モニタリング」とは?

という具合です。

全100問の設問をネットで読めないかと探しましたが、残念ながら 出版社の書籍紹介 には大まかな目次だけが掲載されています。
上の例のような用語の厳密な解説が含まれていますので、多くの人には何問か「そうだったのか!」という設問と答えが見つかると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2016 | Main