« GC-MSかGC/MSか(LC-MSかLC/MSか)(4) | Main | GC-MSかGC/MSか(LC-MSかLC/MSか)(6) »

2016.06.06

GC-MSかGC/MSか(LC-MSかLC/MSか)(5)

GC-MSとGC/MS、どちらも装置の意味でも分析法の意味でも使える──とするIUPACの2013年勧告の背景と考えられる Slashes and hyphens を読んでみます。

この文書では5つのガイドラインの立場が主に説明されています。

  • 「シカゴ・マニュアル」によればハイフンの使用がふさわしい。スラッシュは「and/or」の意味を持つ場合が多くあいまいになる。
  • 米国化学会のガイドには特に規定がないが、例としてはスラッシュ、ハイフン、スペース、スペースなしを挙げている。
  • 米国物理学協会のマニュアルには特に規定がないが、スラッシュの使用例はない。
  • David Sparkman(Mass Spectrometry Desk Reference の著者)は「スラッシュ:分析法、ハイフン:装置」を推奨
  • 学術雑誌 Rapid Communications in Mass Spectrometry は「スラッシュ:分析法、ハイフン:イオン化法などの構成要素」を推奨

最初の「シカゴ・マニュアル」って何?
The Chicago Manual of Style (CMS または CMOS)
Wikipediaの日本語版には現時点でこの項目はなく、「シカゴ大学出版局」の項目があります。その解説には「シカゴ大学が運営する出版局。1892年に創設。大学が運営する出版局ではアメリカ合衆国でもっとも大きなもの」と書かれています。そして、「シカゴ・マニュアル」については「英文作成上の規範的スタイルを規定した」出版物として紹介されています。
Wikipediaの英語版では「米国英語のスタイルガイド」「米国で最も広く使われ尊重されるスタイルガイドの一つ」と書かれています。

そのシカゴ・マニュアルがどう言っているのか。「Slashes and hyphens」にはこう書かれています。

CMOS 16版は、スラッシュは通常「and/or」の形で選択肢を表すために使われるとする。例えば「ハーキュリーズ/ヘラクレス」のように。CMOSはまた、スラッシュは場合によっては「ジキル/ハイド」のように「及び」の意味も表すとする。「毎」と「÷」の意味もまた掲載されている。
CMOSのハイフンに関する大きな表には、2つの機能を表す2つの名詞(最初の名詞が2番目の名詞を修飾していない)は、名詞及び形容詞の形でハイフンでつながれると書かれている。

というわけで、「シカゴ・マニュアル」に従えばスラッシュを使うのはかなりまずそうです。
このマニュアルは文系・理系問わず学問を行う上での英文の作法を示したものらしいので、相当普遍性があります。一方で、個別の専門分野の事情にはあまり構ってくれないのでしょう。

「シカゴ・マニュアル」を説明するだけで長くなってしまいました。

ハイフンかスラッシュか問題は、GCとMS(またはLCとMS)だけの問題ではないのです。GCにもLCにもMSにも色々なバリエーションができているので、それらをハイフンでつなぐのかスペースでつなぐのかということとも関連してきます。そういうわけで、他の4つの説明はさらにこまかい話になります。

|

« GC-MSかGC/MSか(LC-MSかLC/MSか)(4) | Main | GC-MSかGC/MSか(LC-MSかLC/MSか)(6) »

分析化学/化学分析」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9170/63738057

Listed below are links to weblogs that reference GC-MSかGC/MSか(LC-MSかLC/MSか)(5):

« GC-MSかGC/MSか(LC-MSかLC/MSか)(4) | Main | GC-MSかGC/MSか(LC-MSかLC/MSか)(6) »