« GC-MSかGC/MSか(LC-MSかLC/MSか)(10) | Main | m/z は「質量電荷比」ではない件 »

2016.06.12

GC-MSかGC/MSか(LC-MSかLC/MSか)(11)最終回

Kuchiku1
クロマトグラフィーと質量分析の複合をどう表すか、ここまで書いてきたことを集約し、私のサイトでの運用方針を示したページ ハイフンとスラッシュについて を作りました。

今後私のウェブサイトではGC/MS及びLC/MSの略語を使用し、GC-MS、LC-MS、LC-MS/MSなどは使用しないことにします。

いろいろ調べた中で「Rapid Communications in Mass Spectrometry (RCM)」の姿勢には感じ入りました。他の雑誌はハイフン使用が圧倒的に多い状況の中、この雑誌はGC-MSとLC-MSを「避けるべき略語」に指定して使用をやめさせようとしているのです。

アニメにもなった人気漫画で、主人公が「駆逐してやる!!」と叫んで最大60メートルもある巨人たち(たくさんいる)を絶滅させようとする話があります。
戦闘機や大砲がない世界という設定で、人類は「立体機動」を使って、建物やら大木やらの高さを利用して巨人の急所を狙うのです。

しかし体の大きさが極端に違いますので、人類は苦戦を強いられます。

そんな戦いに勝ち目はないし、私はハイフンが好きなのよというのもいいですし、「ほぅ・・・悪くない」と賛同してみるのもいいかもしれません。
分析化学業界、なかなか面白いではないですか。5年後、10年後はどうなっているのでしょう。次のIUPAC勧告にはどう書かれるのでしょう。

ハイフンとスラッシュの使われ方をウォッチしながら読めば、論文や参考書も参加型アミューズメントになるかもしれません。

Kuchiku2
画像はフリー素材サイトからいただきました。
建物の画像:フリー写真de小旅行 木組みの町並み~ドイツメルヘンの象徴~
森の画像:フリー素材屋Hoshino

|

« GC-MSかGC/MSか(LC-MSかLC/MSか)(10) | Main | m/z は「質量電荷比」ではない件 »

分析化学/化学分析」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9170/63765501

Listed below are links to weblogs that reference GC-MSかGC/MSか(LC-MSかLC/MSか)(11)最終回:

« GC-MSかGC/MSか(LC-MSかLC/MSか)(10) | Main | m/z は「質量電荷比」ではない件 »