« ○×問題、誤報はどれか(キログラム原器後の新標準) | Main | 1万Bq/kg以下のセシウム137は「放射性同位元素」でない »

2012.01.21

壷から出てきたヘビの正体は?

今週届いた「ぶんせき」の表紙を見て、思わずほっこりうれしくなりました。
分析機器を一通り勉強した人なら、この絵が何を表わすかわかるでしょう。
答えは下のほうに、スクロールすれば見えるようにします。ヒントはインド人。

Bunsekishi
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では答え。表紙の説明を「ぶんせき」1月号から引用します。

表題「光ぶんせきスネークショー」
グラフィックデザイン:松本堅太郎(株式会社堀場製作所)
この作品は、粘土製作から撮影、編集、そしてレイアウトまで、すべての作業を松本堅太郎氏が一人で行いました。
今回のデザインは、ノーベル物理学賞受賞者であるチャンドラセカール・ラマン博士が、ラマン効果を発見した時の博士の驚きがテーマです。ラマン分光の原理をスネークショーに見たてました。インド人であるラマン博士が笛を吹くと(入射光をイメージ)、壷が振動して(分子振動をイメージ)、3色のヘビ(ストークス散乱、レイリー散乱、アンチストークス散乱をイメージ)が出てきて、博士が驚く(新たな発見)というストーリーです。

ラマン分光の絵なんですね。分子と光と思えば、壷もヘビもかわいいこと!
ヘビのクネクネが短波長の光ほどこまかくちゃんと作られているのも心にくいです。
「ぶんせき」の表紙は一年間同じですから、この表紙の冊子が12回届くことになります。
毎月、こちらで記事の一部のPDFが公開されています:日本分析化学会「ぶんせき」

|

« ○×問題、誤報はどれか(キログラム原器後の新標準) | Main | 1万Bq/kg以下のセシウム137は「放射性同位元素」でない »

分析化学/化学分析」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9170/53790681

Listed below are links to weblogs that reference 壷から出てきたヘビの正体は?:

« ○×問題、誤報はどれか(キログラム原器後の新標準) | Main | 1万Bq/kg以下のセシウム137は「放射性同位元素」でない »