« 「すべて分析化学者がお見通しです!」正誤表と100点フェア | Main | 国際分析科学会議(ICAS2011)公開講座 »

2011.05.07

「SI単位系」っておかしくないですか

国際単位系またはSIと同じ意味で「SI単位系」とする言葉使いをときどき見かけます。これはおかしいのでは? というのが今回のテーマです。

私は「当然おかしい」と思ってきました。しかし最近、科学用語の使い方についてかなり厳密な姿勢で書かれた書籍の中でこの言葉が使われているのを見て自信が揺らいでしまい、ちょっと記事にしておく気になりました。

まず、おかしいと考える理由です。
SIはフランス語 Le Système International d'Unités (*)の略称ですから、Sは「系」を意味します。ということは、「SI単位系」は「国際系単位系」となり、重複します。

このことを指摘した意見がネット上にないかと探したら、Wikipediaの 「国際単位系」のノート にありました。

「SI」という略語自体がフランス語で「国際単位系」という意味なので、「SI単位系」は「国際単位系の単位系」という「Mt.FUJI-san」「Houryuji Temple」みたいな重複した表現になり、百科事典としては好ましくないと思いました。ウィキペディアでは「NHK」も「日本放送協会」、「JR東日本」も「東日本旅客鉄道」としてますから、「国際単位系」でよいと判断しました。るがこむ 14:50 2003年3月29日 (UTC)

この後にも議論が続いていて、なかなか興味深いです。

Wikipediaのノートでは「SI単位系」に対して否定的な意見が優勢なようですが、ネット上でフレーズ検索すれば、この言葉が多数ヒットします。また、アマゾンのサイトで検索したら、少なくとも4冊、この語を書名に使った本が見つかりました。

私の仲間内でちょっと話題にしたら、重言は案外定着してしまうケースがあるという話になりました。
例えば「排気ガス」はもともと重言で、古くは「排気」か「排ガス」だったそうですが、現在は広辞苑にも載っており違和感はないとか。
私自身が使っている言葉でも「S/N比」は重言かもしれません。「SN比」「S/N」で足ります。
さらに、頻度は少ないですが「HIVウイルス」という言葉も見かけます。HIVのVはウイルスの意味ですから重なっていますね。

公的な文書では「SI単位系」は使われませんが、これから広がっていくのでしょうか。私は今のところ「SI単位系」と聞くと気持ち悪さを感じる派です。皆さまいかがでしょう。

これを機会にSIについておさらいしたい方にコンパクトな資料:
「国際単位系(SI)は世界共通のルールです」パンフレット完成(産総研)

もう少し突っ込んでおさらいできる解説:
量の表しかた(入門講座 化学分析のしかた)(「ぶんせき」2011年2号掲載)

* Le Système International d'Unités の Système の e に付いている綴り字記号は「アクサングラーヴ」、d'Unités の e のは「アクサンテギュ」というらしいです。(これらの文字が表示されない方のために。)

|

« 「すべて分析化学者がお見通しです!」正誤表と100点フェア | Main | 国際分析科学会議(ICAS2011)公開講座 »

分析化学/化学分析」カテゴリの記事

Comments

はじめまして、Nariです。
 個人的には、MKSA単位系からの流れで、単位名の総称がSIという考え方をしていました。確かに重なった言葉ですね。
 個人的には、最近の英文だとISで表記されているところもあって、そちらの方で違和感を感じてたりします。

Posted by: Nari | 2013.06.21 at 09:39 AM

Nariさん、こんにちは。
歴史的な経緯には詳しくありませんが、確かにWikipediaの「MKSA単位系」には「大まかに言えば、MKS ⊂ MKSA ⊂ SI である」と書かれていますね。
私は放射線取扱主任者の受験がCGSからMKSへ移った時期だったので勉強しにくかった思い出があります。
英文ではSIをISと表記する場合もあるのですか。それは知りませんでした。何でも英語より、少しは別の言語も尊重するほうが味わいが深いと思うのですが。

Posted by: ここの管理人 | 2013.06.22 at 06:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9170/51601685

Listed below are links to weblogs that reference 「SI単位系」っておかしくないですか:

» [科学] 「SI単位系」ということば [頭に毬藻る]
言われてみれば……という話。 SIはフランス語 Le Systeme International d’Unites (*)の略称ですから、Sは「系」を意味します。ということは、「SI単位系」は「国際系単位系」となり、重複します。 「SI単位系」っておかしくないですか: 技術系サラリーマンの交差点 上記引... [Read More]

Tracked on 2011.05.12 at 01:25 AM

« 「すべて分析化学者がお見通しです!」正誤表と100点フェア | Main | 国際分析科学会議(ICAS2011)公開講座 »