« 「SI単位系」っておかしくないですか | Main | 「別冊化学 化学のブレークスルー【機器分析編】」 »

2011.05.22

国際分析科学会議(ICAS2011)公開講座

5月22日から26日の日程で、国立京都国際会館において国際分析科学会議 (ICAS2011)が開催されます。初日の今日は 公開講座 が開かれたので行ってきました。
第1部は高校生や大学生を対象に最先端分析機器を体験できる企画が行われました。私が参加したのは第2部の講演会から。第3部は、歓迎レセプション(中止)が予定されていた時間帯に組まれた特別企画(福島原発関連)でした。
Icas1
Icas2

第2部 『社会を支える分析科学』 ~著名研究者からのメッセージ~
「The Challenge of Sustainability」 Richard N.Zare氏(スタンフォード大学)
「緑色蛍光たんぱく質の誕生」 下村 脩氏(ウッヅホール海洋生物学研究所)
「電子顕微鏡でカーボンナノチューブを見つける」 飯島澄男氏(名城大学・産総研・NEC)

第3部 『追加特別企画』
「福島第一原子力発電所事故による環境の放射能汚染:過去の放射能汚染と比較して」廣瀬勝己氏(上智大学・埼玉大学)

Zare先生はクリントン政権下で科学顧問を務めた方とのことで、主にエネルギーの視点から、持続可能な社会をいかに築くかという話でした。政治経済的な観点に固まることなく、「化学が鍵」と断言。化学を志す人向けの語りでした。二酸化炭素分子の逆対称伸縮の物まねが面白かったです。宴会の小ネタになりそう。

下村先生の業績については改めて説明するまでもないですが、オワンクラゲからの蛍光たんぱく質の抽出と構造解明の話はやはりすごいです。クラゲ2万匹から抽出したというGFP溶液の実物を持ってきておられて、会場の照明が落とされたら、ペンライトよりずっと強く光りました。その明るさに聴衆は感嘆しました。

飯島先生はカーボンナノチューブの発見者です。電子顕微鏡の画像を動画として見せるスライドが多く、生物でもないのにこんなに動きがあるのかと驚きました。それから、X線回折の説明では、中国刺繍を取り出して、レーザーポインタの光を透過させ、天井に投影すると回折像が!こんな実演もあるのですね。

このように各先生ともちょっとしたパフォーマンスがあり、スライドは画像が多く親しみやすい内容でした。第2部までは高校生も多く聴いていて、特に下村先生に積極的に質問していました。

第3部の廣瀬先生の講演は、既に公開されているデータのまとめでした。過去の大気圏核実験、チェルノブイリ原発事故、海洋汚染で起こった放射能汚染と福島第一原発の事故による汚染を比較するものです。私にとって新しかった話は次のとおりでした。

・大規模な核実験による放射性物質は成層圏に打ち上げられ、1年程度循環する。
・循環した放射性物質はいずれ降下するが、降下量は中緯度地域で多い。特に降雨量の多いところで多い。従って過去の核実験において日本付近は世界的にも多量の降下物があった。
・気象研究所は1957年から放射性降下物を観測しているが、1963年をピークに下がってきている。ただし中国による核実験とチェルノブイリ事故のときは一時的に上昇した。(チェルノブイリ事故でさえ、過去の核実験のトレンドと比較すれば少量でしかないことが、グラフを見るとよくわかる。)
・福島の原発事故後の空間線量率は放射性ヨウ素と放射性セシウムでほぼ説明できる。(この他の核種が少ないことを意味しますので安心材料です。)
・チェルノブイリの汚染地図に同縮尺の福島の汚染地図を重ね合わせると、福島の汚染範囲の小ささがよくわかる。(これは気がつきませんでした。チェルノブイリの汚染範囲が広いとも言えますが。)

|

« 「SI単位系」っておかしくないですか | Main | 「別冊化学 化学のブレークスルー【機器分析編】」 »

分析化学/化学分析」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9170/51744018

Listed below are links to weblogs that reference 国際分析科学会議(ICAS2011)公開講座:

« 「SI単位系」っておかしくないですか | Main | 「別冊化学 化学のブレークスルー【機器分析編】」 »