« 「分析化学のおすすめ本」を公開 | Main | CASレジストリーに5,000万件目の物質を登録 »

2009.08.26

5年ぶりに元素が増える

本に書いたことは発行直後から古くなり始めるんですね。それは当たり前ですが、自分が書いたことの一つ一つが気になります。「よくわかる 分析化学の基本と仕組み」は広い範囲をカバーしているので、気苦労も大きいです。

学術雑誌に掲載される論文は数多く書いてきましたが、内容が古くなることは全く気にしていませんでした。論文は必ず発行年を意識しながら読まれるものですし、ほとんどの読者は相応の知識を持っているからです。

でも勉強のための本となると、一つ古くなるごとにハラハラしてしまいます。本を発行した時点ではそうだった。でも今は少し変わった。読者はその情報をキャッチしているだろうか・・・?

「よくわかる 分析化学の基本と仕組み」のp.10に「現在では111の元素が確認されて正式に名前が付けられています」と書きました。この部分が古くなる見込みです。
既に先月 ケムステニュース:112番元素にコペルニクスに因んだ名前を提案 で紹介された内容ですが、このほど朝日新聞社のサイトにも掲載されました。
asahi.com: 112番目の元素認定 命名候補「コペルニシウム」 より

2009年8月24日14時1分

 【ワシントン=勝田敏彦】この世に存在する元素の数が112に増えた。ドイツで見つかった原子番号112番の元素の存在が日本の研究などで再確認され、国際機関が公式に認めた。名前が決定されたのちに、理科の教科書の周期表の記述なども書き換えられることになる。

 この元素は、96年にドイツ・重イオン科学研究所(GSI)などの国際チームが合成した。短時間しか存在できないことなどから再現実験が難しく、確認に時間がかかっていた。しかし04年、日本の理化学研究所のチームも合成に成功して07年に発表。これらを受けて認定機関である国際純正及び応用化学連合(IUPAC)が今年5月、公式に認めた文書を発行した。

 現在、命名の手続きに入っており、「コペルニシウム」が提案されている。GSIのホフマン教授が「私たちの世界観を変えた傑出した科学者の名をたたえる」とし、地動説を提唱したことで有名なポーランドの天文学者コペルニクスにちなんだ名前。意見募集などを経て、数カ月後にIUPACが最終決定する。

 元素の数が増えるのは、04年のレントゲニウム(原子番号111番)の認定以来になる。

5年ぶりなんですね。何も私が本を出した年に認定しなくても・・・来年か再来年でもよかったのに・・・などと勝手なことを考えています。

|

« 「分析化学のおすすめ本」を公開 | Main | CASレジストリーに5,000万件目の物質を登録 »

「よくわかる分析化学」」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9170/46038714

Listed below are links to weblogs that reference 5年ぶりに元素が増える:

« 「分析化学のおすすめ本」を公開 | Main | CASレジストリーに5,000万件目の物質を登録 »