« サラリーマン分析屋ブログ用RSSリーダー | Main | ノイズの話(9)分析機器工業会の液クロ規格 »

2009.01.31

分析の仕事は4K

仕事が見つからない人が増える一方で慢性的な人材不足が続いている職種もある。
いわゆる3Kは不人気な仕事の指標となっているけど、化学分析の仕事には全部のKが当てはまる。

「汚い」
工場廃水、汚泥、廃棄物、焼却残灰、血液、尿、吐瀉物、臓器・・・想像もしたくないサンプルがけっこうある。私は食品を多く分析してきた。ましな部類とはいえ、前処理のためにホモジナイズした食品(とくに魚類・肉類や弁当類)はけっこう気持ち悪いものだ。

「危険」
健康に悪影響があるからこそ分析する物質も多い。感染性の試料もある。用いる有機溶媒、試薬に有害なものがある。化学分析業務の担当者に健康診断が義務付けられているのも健康被害の可能性があるからこそ。私は皮膚が弱くて、ちょっと油断していると手に皮膚炎が起こる。

「きつい」
実質的に季節労働・期間労働・臨時労働に近いところがある。緊急の分析が大量に発生する場合だ。そういうときは本当にきつい。食品や環境に関する問題が発生するたびに、あのサンプルは前処理にどのくらい手間がかかって検体数はどのくらい必要だろうかと、分析現場に思いをはせてしまう。価格競争によるサービス残業も横行しているようだ。

でも、この3Kよりももっと重圧になるKがある。それは・・・

「怖い」
分析結果に伴う責任の大きさ。分析値に基づいて製品が廃棄されたり工場が操業停止されたり医療上の判断が下されたりする。補助的な立場の分析技術者でも、ピペット操作一つ、コンタミ1滴で誤った結果を出す可能性がある。もし試料をこぼしたり紛失するようなことがあれば取り返しがつかない。扱うデータには個人情報や企業情報も含まれている。
3Kは本人の我慢やがんばりでなんとかなっても、分析のミスや情報漏洩の「怖さ」は質が違う。私はこの4Kめが一番大きく感じる。

世の中のどんな仕事もそれぞれにいくつものKがあり、求職する人によって絶対にゆずれない線があるだろう。色々書いたけど、分析の4Kは私にとってはまあ許容範囲。

|

« サラリーマン分析屋ブログ用RSSリーダー | Main | ノイズの話(9)分析機器工業会の液クロ規格 »

分析化学/化学分析」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9170/43912407

Listed below are links to weblogs that reference 分析の仕事は4K:

» 14歳の食品検査 [*graph]
100年に1度の不況の中、就職活動をしている若人の皆様に捧げるエントリ。 うちの職場も地味に募集をしていたりするのですが、たぶんこの業種は結構理想と現実にギャップがあるので、マインド(笑)のマッチング(笑)でwin-winな関係(笑)のために僭越ながら業務の説明を。 食品... [Read More]

Tracked on 2009.02.28 at 02:11 PM

« サラリーマン分析屋ブログ用RSSリーダー | Main | ノイズの話(9)分析機器工業会の液クロ規格 »