« December 2006 | Main | April 2007 »

January 2007

2007.01.22

上司にブログを読まれたら

 インターネットコム(株)とJR 東海エクスプレスリサーチによる社員ブログに関する調査結果、「お行儀のいい日本人、上司が怒る社員 Blog はほとんどない」より。

 調査対象は官公庁、地方自治体、民間企業に勤務する管理職クラスの男女330人。

全体330人のうち、部下が Blog を書いていることを知っているのは14.5%、そのうちの68.8%(全体に対しては10%)33人が部下の Blog を読んだことがある、と回答した。

また、部下の Blog を読んだことのある33人のうち、内容が勤務先の内情に触れた不適切なものとして禁止したい、と思っているのは、わずか6.1%(全体に対しては0.6%)の2名に過ぎないことがわかった。

 上司が部下のブログを読んだのは、何らかの形でブログの存在を知ったからだ。部下は読まれても差し支えないブログだから直接・間接にブログの存在を漏らしたのだろう。そういう条件下で調査すれば、「お行儀のよい」ブログばかりというのは不思議でない。
 ブログ一般について、「自分がこのブロガーの上司なら怒る。そんなブログを見かけたことがあるか」という質問ならどんな結果になるのだろうか?

関連する過去記事

 「専門家は個人の責任で情報発信するな」について:補足
 たとえ上司に自分のブログを読まれているとしても、そのことを書くのはやめるほうがよいと思う。その理由。

 個人ページ内で自分の所属先を書くことについて
 所属先を書くか書かないかは、実名を書くか書かないかよりもずっと小さい影響しか持たないと思う。でも所属先名を書かないほうが負担は少ないだろう。

 匿名ブログが勤務先で問題にされたら
 ブログが上司に見つかっただけでなく「会社HPに社員として日記を書いてはどうか」と提案された人の話。

 仕事関係のことを突っ込んで書く私の工夫
 あなたのブログ、職場の人に見つかった場合、「どういうつもりでやってるんだ」と言われる心配はありませんか。そんな事態に備える工夫。

 ブログで書いたことが原因で解雇された社員
 米国の事例。

 国家公務員の実名ブログ
 実名・所属を明らかにして業務に密着したことを書き、毎日更新して、2年半も続いているブログの紹介。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.01.08

分析屋と「格差社会」2

 分析屋と「格差社会」 に関連した記事を書かれたブログがあります。派遣社員@食品業界駄目社員はむの日記 です。それぞれを読んで感じたことを書きます。

格差(派遣社員@食品業界)

 書き手のmiraさんは食品メーカーで派遣社員として微生物検査メインの品質管理をしています。仕事内容の二極化は進んでいると感じるけれど、それ自体は悪いことと思わない、自分には現在の仕事が合っているし充実感もあるとのこと。ただ、将来への希望についてはこんなことが。

派遣社員であることが原因で希望が持てないということははっきり言ってしまうとあります。

いつまでも雇用してはもらえない、とか。

派遣業界で有名な「35歳限界説」のことも脳裏をよぎる。35歳限界説というのは、文字通り、35歳過ぎたら紹介してもらえる仕事が極端に減るという説。

今の職場は目的があるため来年辞める予定ですが、派遣社員そのものは続けていくことになると思われるので、気にはなっている。

(中略)

私が知りたいのは、この説が派遣で働く人すべてに当てはまるのか、当てはまらない職種もあるのか、だとしたら私が関わっている職種はどうなのか、です。

 私が 分析屋と「格差社会」 で試みたのは、雇用問題は別として、志の持ち方で前向きになれる方法を考えてみることでした。けれども、やはり雇用の話と切り離して語るのは相当無理がありそうだと思い直しました。
 例えば分析業務に関係する資格を取るにしても、それらの資格取得によってステップアップできる見込みがなければ希望は持ちにくいですね。ステップアップどころか現在の仕事をそのまま続けられるか否かさえ不確かという状況では、努力の方向性自体を定めるのが難しいと思います。

 見通しを持つためには「前例」の蓄積が必要ですが、現在のような雇用情勢になってまだあまり年数が経っていないため、前例がない=見通しがつかないことになります。これは個人にとって非常にストレスフルな状態でしょう。社会環境が変化する時期には前例を切り拓かなければならない世代が出てくるものですが、生まれた時期によって否応なくそういう世代になってしまうのは、運・不運として片付けるには重すぎる現実だと思います。

 とはいえ、個人でできることは、やはり前向きで誠実な努力ということになるのでしょうが・・・。

分析に限らず、日本企業の研究所って”格差社会*1”の縮図なのかも・・・(駄目社員はむの日記)

 はむたろうさんの職業は「ヘタレ技術論者(物化系) 」だそうです。
 こちらは仕事内容の二極化をややネガティブにとらえた見方。

僕も分析屋のハシクレだけに、頷ける点が多いと思った。分析分野でも、技術自体の開発の真っ最中なら現場は理論屋・技術屋だけで十分だけど、現場にルーチンな仕事が増えてくると「ルーチンで忙しい→ここしばらくだけ"手"が欲しい→派遣さんを一人下につけてください」となっちゃうのは、仕方のないことだが現実だ。

 日本ではまだそうなっていないけれど、諸外国では自分の論文で使っている分析手法を実際にやったことがない研究者がいるといった例が挙げられています。

 これは二極化の上のほうにいる人の見方ですね。
 日本人の仕事観として、偉くなっても下積み時代を忘れないとか現場を大事にするといったことがあると思います。そういう風土は日本人の仕事の質を高めてきたと思います。二極化はその風土を破壊するのではないか?(はむたろうさんはここまで書いていません。私の読み方です。)

 こういう議論はあまり見かけませんが、心に留めておくべき視点だと思いました。


 2007/1/14 追記

分析屋の仕事に格差は存在するか(@201)

 分析の職場からの詳しい報告です。かなりきちんと人事管理をしている会社のようです。

基幹職群が専門職群への職群転換を望めば、試験を受けて移動することが可能ですし、基幹職群の中で経験を積んで管理社員になることもできます。また、派遣社員の場合、最大雇用期間は3年ですが、会社側、派遣社員側の双方が望んだ場合、正社員になることが可能です。実際これで専門職群社員になった先輩がいます。私の受けた印象では、本人の努力次第だと思います。

 制度として整っていて前例もあるなら見通しを持ちやすいですね。


今日のぐるぐる(修行な日々)

 化学分析とは関係のない会社の例です。日本企業ではないようです。

 とはいうものの、うちでは意外とみんな自分でやります。HDD 交換とかを自分のチームの下のスタッフにやらせるなんていうことはまずありません。「僕は上司で偉いんだもん。雑用は下っ端の君たちがやりなさい」的な人にはまず管理職は勤まりませんしね。ただ、ルーチンワークに関しては専門の人がやる事が多く、これに関しては日本企業よりずっと徹底しています。責任の分解点的意味合いも大きいかな?

 はむたろうさんの日記にもあったとおり、諸外国では以前から分業が当たり前のようですね。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

2007.01.06

自治体による残留農薬検査数が比較される時代

 本日(1月6日)の産経新聞大阪本社版に「再考 食の安全と安心 第四講 食品の監視どうやって?」という記事が掲載されている。その中にある「近畿の各自治体が行う残留農薬の検査(平成18年度)」という表に驚いた。

 近畿6府県と11市による市販農産物検査の「検体数」「農薬の種類(平均)」が書かれている。
 検体数は高槻市の11検体から大阪府の310検体まで。農薬数は東大阪市の20種類から兵庫県の400種類まで。
 一方、国は全国8検疫所において通年で447種類、22,792検体の輸入農産物モニタリング検査を実施とのこと。

 この記事は「紙上ゼミナール」として現役の大学生がフィールド調査結果を報告する企画だ。つまりここで紹介された内容は教材として取り上げられたものである。新聞社としての意見は掲載されておらず、学生の意見が付けられている。

 それにしても公的機関の残留農薬分析がこのように数で比較される時代が来たのかと認識を新たにした。検体数と農薬数が多ければよいというわけでなく、分析の質ももちろん重要だ。「分析の質」は今後どのように報道されていくのか、注視していたい。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2007.01.02

分析屋と「格差社会」

 昨年は「格差」という言葉がことさら意識されるようになった年だった。「格差社会」の語は ユーキャン新語・流行語大賞 のトップテンに選ばれた。

 正社員と非正社員との格差、規制緩和による勝ち組・負け組の出現、貧富の差が親から子へ継承される傾向等が主に問題視されている。
 私はウェブ上で社会問題を扱わないようにしているので上記の論点にはあえて触れない。ただ、化学分析に携わる人が考えてみてもよい/考えたほうがよい視点が一つあると思うので、年頭にあたって書いてみる。

仕事の二極化
 私が気になるのは、「働く人々の仕事の内容が高度なものと単純なものの二極に分離していく傾向があり、それによって問題が起きている」との説だ。

 山田昌弘「希望格差社会」(筑摩書房、2004年刊)には、次のようなことが書かれている。
 モノ作りを中心とした大量生産、大量消費の時代には、多くの企業が労働者を自社の生産システムに合うように教育して長期間抱え込むことが合理的だった。労働者は単純な仕事から始めて徐々に仕事能力をつけ、管理職や専門職に昇進していった。
 しかし現代はモノよりもサービスが優勢になり、消費者が求める多様な商品をより安く供給しなければならない圧力が加わり続ける社会になった。この産業形態は1990年頃から顕著になっており、企業はクリエイティブな能力や専門知識を持つ労働者とマニュアル通りに働く単純労働者の二極の労働者を必要とするようになった。採用の段階で中核的・専門的労働者候補が選別される。選ばれなかった者は単純労働に従事し、そこから抜け出す機会は少ない。

 企業でなくカタカナ職業等を志向する者も多いが、そのような道で成功できるのは少数であり、アシスタントとして働くか、それだけでは食べていけずに他のアルバイト収入が必要な場合もある。

 その結果、雇用情勢変化の影響を真っ先に受ける若い世代を中心として、不本意な仕事をしながら自分の理想的な仕事を夢見る労働者が多数出現していると著者は述べている。

フリーター問題の核心は、使い捨て単純労働(もしくはアシスタント)という自分が現に仕方なしに行っている仕事と、自分が就きたい仕事、ステイタスのギャップにある。
 だれも、二極した職業のうち、下位の職について、負け組にはなりたくない。男女とも、企業社会に必要とされ収入が高い中核的専門労働者、それが無理なら、男性ならせめて、それなりの収入と将来保証が得られる公務員などのオールドエコノミーの職、そして、女性なら、そのような男性の妻になりたいと思うだろう。
 フリーターをしながら「自分の理想的仕事や立場」に就くまで待っている状態が、フリーターの真の姿なのである。私が生命保険文化センターの調査に加わって行った結果をみても、10年後までもフリーターで居続けていることを希望している若者はたいへん少ない。
 いつか、自分の理想的な仕事や立場に就けるはず、と思いながら、単純労働者である自分の姿を心理的に正当化するのが、フリーターの抱く夢の本質ではないだろうか。
(「希望格差社会」p.124)
 そして著者は、このことが若者の意識にも影響するとしている。
近代社会では、仕事は、「社会の中で役に立っている」「自分が社会の中で必要とされている」という「アイデンティティ(=社会の中で自分が存在してよい理由=生き甲斐)」の感覚を与えるモノとしての役割が与えられた。宗教が衰退した近代社会では、「自分が社会の中で必要とされない」と思うことほど、つらい状態はない。
(中略)
従って、現在日本社会で生じている失業やフリーターの増大は、単に経済的生活問題だけではなく、職を失った人や定職に就けない人々のアイデンティティを脅かす要因となっている。
(「希望格差社会」p.102)
 さらに、アイデンティティを脅かされた人々が多数発生することによる社会の不安定化への懸念が論じられる。


分析業界の場合
 著者は単純労働の例としてパソコンにデータを入力し続ける派遣社員、ネット接続業者のスターターセットを駅前で配る人、ファストフードやコンビニでマニュアルどおりに働くアルバイト等を挙げている。文脈によってはコンビニ店長や現場管理者あたりまで「中核になれない労働者」として二極化の下のほうに分類されている。

 分析業界ではどうだろうか。私はこんなことが気になる。
(1) 高度な仕事と単純な仕事の二極化は起こっているか?
(2) 単純な仕事をする人が経験を積んで高度な仕事に就く道は狭められているか?
(3) 単純な仕事をする人が充実感や希望を持ちながら働ける状況か?
(4) 充実感や希望が持てない状況であったとして、それが業務に何か悪影響をもたらすか?

 もちろん賃金や雇用形態の問題抜きに語れるものではないが、そのようなテーマはアクティブなサイトが他にいくらでもあるので、私は自分のページで追求してきた「分析という仕事への愛着」という側面からこの問題を考えてみたい。

 (1)に関しては他の業種よりも急速に進んでいると言える。信頼性保証への要求が高まり続けており、すべての手順は文書化され、その実行は完全に文書に従うことがますます求められている。また、分析機器のブラックボックス化・自動化の進展も(1)の流れに拍車をかける。
 (2)については、私の知る限り分析業界でも正規雇用が減って派遣やパートが増える傾向にあると感じる。だからといって(3)が現実か否かはわからないが、仮に現実であるならば(4)の悪影響は他業種より潜在的で深刻なものとなる可能性がある。分析業務を行う人が何か不満を持つことにより集中力や丹念さを欠くことになるかもしれず、そうなった場合、接客業やデータ入力のような業種よりもミスや不具合を発見しにくいからだ。

 仮に(1)から(4)の懸念が現実にあるとして、どんな解決方法があるか。くどいようだが労働条件や雇用形態の改善といった制度的なことでなく、あくまで個人の意識の持ち方の範囲内での解決方法。
 現在の私は単純な仕事だけする立場というわけではないが、雇用流動化の昨今、その立場が永続的に保証されているわけではない。また雇用形態とは別の仕事内容の話なので、ルーチン分析に携わる人すべてに多少なりとも当てはまるとも言える。だから自分の問題として考えてみる。


分析屋が「格差」に対処する心構え

 「創造的で裁量権が多く定型的でない仕事」と「決められた手順で決められたことを繰り返す仕事」とに分析の仕事が二極化しているとして、前者を希望しながら実際には後者に従事する人が仕事に誇りを持ちインセンティブを高めるための発想法。

その1 ルーチンワークあってこその分析
 どんな職種にも言えることだが、最前線で実働する人なしには何もできない。頭がいくら大きくても手足が無くては役に立たない。そのことを考えれば誇りは必ず持てる。

その2 ルーチンワークの中からアイデアが生まれる
 分析にとって「高度」な仕事とは新しい機器の導入や試験操作手順の改良などだが、実際に操作を行っている人にしか発想できないことがいくらでもある。そのような発想を得る努力ができるし、得た場合にしかるべきところに伝える努力もできる。

その3 分析自体が請負的な仕事
 ほとんどすべての分析は他の機関や他の部署からの要請に応じて行われる。ゆえに、分析業務の中で二極化しているといっても、もっと大きな構図で見ればさらに上位の事業や政策が存在する。よく考えれば自由で裁量権の大きい職に就く人の比率は極めて少ないことがわかる。

その4 分析屋が集められるスキルのパーツは多い
 分析業務に関連する技能・資格は多数あり、これらを一つずつ修得することも自己研鑽の励みになる。例えば環境計量士、公害防止管理者、危険物取扱者、特別管理産業廃棄物管理責任者といった資格、技能検定(化学分析)、各種機器の操作、統計や語学など。チャレンジする対象には事欠かない。

その5 プライドの高いいい加減な分析屋より淡々とした几帳面な分析屋のほうがよい
 説明不要。


「仕事内容の格差=仕事の価値の格差」にしない
 「格差」に関連してさまざまな論議が展開されている。収入や労働時間、雇用の安定性等の話では大多数の人が価値観を共有できるだろう。一方、仕事の重要性ややりがいの話を一律に「単純な労働=価値が低い」として進められると私は抵抗を感じる。とはいえかんたんに「職業に貴賎なし」と唱えれば済むものではなく、「職業上の誇り」の内容は各業種それぞれの実情に応じて考えるものという気がする。


トラックバック先
 分析に関係のあるブログにトラックバックしています。

 派遣社員@食品業界 派遣社員として大手食品メーカーで微生物検査メインの品質管理をしている女性のブログ。派遣という立場での日記にときどき強い職業意識がのぞく。最近の記事では「もちもの」の中の爪切りを常に持ち歩いている話など。

迎春ちゃんのちくちく日記 分析試験室の日常が人物描写まで含めてリアルに書かれている。詳細な写真入なのでかなり臨場感がある。残留農薬分析(1)残留農薬分析(2)残留農薬分析(3)など。

モジモジ日記 環境計量士試験の予備校の講師をしている男性のブログ。試験に受かる生徒☆彡試験に受かる生徒(続き)が面白い。


続き
分析屋と「格差社会」2

| | Comments (3) | TrackBack (6)

« December 2006 | Main | April 2007 »