« 平林純さん「史上最強科学のムダ知識」を読んだ | Main | 理系BLOG宣言 »

2004.05.23

技術系blogで使えそうな芸風

 読まれるblogを書く秘訣の一つとして「テーマを絞る」というのがあるけれど、書き始めれば色々なことを書きたくなるのが人情というもの。しかし「技術系の専門的なサイト」をめざしている場合は、あまり関係ないことを書くのもなーと二の足を踏んでしまうかもしれない。
 この問題をクリアするだけでなく、blogの魅力にまでしてしまう鮮やかなワザを見つけた。
 技術系サイト カラムのコラム では、HPLCカラムに関する様々な話題が提供されている。ほとんどはテーマに沿った話だが、中には 温泉とシリカ山本直純さんと日本の作曲家のこと のように、あまり関係ない話が混じっている。温泉とか作曲家とかの話の最後に、HPLCカラムへと(ときにはかなり苦しく)つながる仕掛け。
 こういうオチの付け方を極めれば、一つの芸風になるかもしれない。「○○に関する専門情報サイト」を看板にしながら、実は「ハッキング」から「今晩のおかず」までを手広く取り上げ、最後に必ず○○に続くというスタイル。
 水戸黄門やアンパンマンなど、安心して繰り返し楽しめるものには決まったパターンがある。これは技術系blogで一つの型として定着するかもしれない。
 なお、「カラムのコラム」は極めて真面目で有益なサイトです。詳しい紹介は 本館 で書きました。

|

« 平林純さん「史上最強科学のムダ知識」を読んだ | Main | 理系BLOG宣言 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

Comments

山本直純さんの話、おもしろかった~~~♪

僕は大学時代にオーケストラでトランペットを吹いていました。その関係上、いろんな音楽家の曲を聞いたりテレビ番組を見ていたので、懐かしくもなりやした。

本当に、最後の5行くらいで強引に「オチ」にもっていくあたりの手腕は見事というか、なんというか。。。
いずれにしても、膨大に雑学も必要ですな。

いやいや~~、そう簡単には、真似できない芸風ですぞ。

Posted by: ホーライ | 2004.05.23 at 08:39 AM

 ホーライさん、こんにちは。
 このコラムがあるのはインタクトという会社のホームページですが、この社名は「正確な拍子で」の意味で、製品名も「ユニゾン」とか「カデンツァ」とか「プレスト」とか、音楽に関係するものばかり。しかもロゴマークはメトロノーム・・・という凝りようです。ベンチャー企業らしい気概を感じます。

Posted by: ここの管理人 | 2004.05.24 at 05:29 AM

本当だ! 

「ユニゾン」、「カデンツァ」、「プレスト」・・・

面白い! 怖いもの知らずというか、既成概念に捕らわれないというか、確かにベンチャー企業らしいや。

見習わなくてわ。。。

Posted by: ホーライ | 2004.05.24 at 09:59 PM

 ぜひ、ホーライ製薬でも、見習ってください。
 そういえば、ホーライ製薬さんには、製品情報とか製品企画のページはないんですか?社員の福利厚生は非常に充実しているみたいですが・・・。

Posted by: ここの管理人 | 2004.05.25 at 06:26 AM

なるほど。
製品情報と製品企画のページね。。。。

作ってみます。

貴重なご意見をありがとう!

Posted by: ホーライ | 2004.05.25 at 08:22 PM

 ぜひぜひ。
 ホーライ製薬ならではの、楽しい製品を期待しています。

Posted by: ここの管理人 | 2004.05.26 at 06:18 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9170/638787

Listed below are links to weblogs that reference 技術系blogで使えそうな芸風:

« 平林純さん「史上最強科学のムダ知識」を読んだ | Main | 理系BLOG宣言 »