2017.05.27

「技能試験」「標準物質」の用語に疑問

日本は母国語で自然科学をかなり深く学習できる恵まれた国です。
しかし用語の日本語訳に疑問があると不都合が生じるという話。昨日参加したセミナーで聞きました。

5月26日に龍谷大学で、分析化学会近畿支部の提案公募型セミナー「分析化学試験報告書の信頼性-刑事司法における分析化学鑑定書」が開催されました。
セミナー全体がたいへん密度が高い内容でしたが、ここでは産総研計測標準研究部門の津越敬寿さんが最後に話されたワンポイントをご紹介。

まず「技能試験」の語。外部精度管理として実施されるproficiency testの訳語です。
津越さんによれば、これは分析試験所がどの程度正確に分析結果を出せるかを明らかにするために行われるもので、「試験」と言っても合否判定のためのものではなく、PDCAサイクルのCheckに相当するものとのことです。
それなのに「試験」の語が使われているために入学試験のように受け取られがちで、秘密裏に試験所間で打ち合わせて結果の数値をそろえるような「談合」が疑われるケースもあるとか。これでは分析の改善に結びつきませんね。

中国語では「能力験証」(験証は日本語の検証に相当)と訳されており、この方がproficiency testの本質をよく表しているとのことでした。

次に「標準物質」の語。これはreference materialの訳語です。
referenceは通常は「参照」と訳される場合が多い語なのに、なぜか標準物質に関しては「標準」と訳されている。その結果どうなるか。
海外での学会発表などで「標準物質」を「standard material」と誤って表現する学生がいたりするそうです。

「技能試験」「標準物質」の2つ、言われてみれば確かにそうかも・・・と思いました。
ではどうしたらいいのでしょう?
津越さんからは特に示されませんでした。

私の考えとしては、現状の日本語訳に問題があったとしても、複数の訳が存在する状況よりはましではないかと思います。信頼性関係は特に複数の訳語が流通している用語が多いので、これ以上増えるのは勘弁してほしいというのが正直な気持ちです。
そういうわけで、「試験」「標準」の語から生じがちな誤解に気をつけて使うようにすればいいかなと思います。津越さんの講演は、気をつけるきっかけとなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.19

液クロの「HILIC」はどう略してこうなるのか

「ヒリック」は液クロのユーザーにとって一般教養といっていいほど普及してきました。

HILIC(親水性相互作用クロマトグラフィー)は順相モードの一つです。古典的な順相が主に低極性の化合物に使われるのに対して、HILICは高極性の化合物に適しています。
私も普通のC18カラムを使う逆相で保持が不満という分析種でHILICを試してみたことがあります。その時は安定化までの時間に難があってルーチンへの採用にまで至りませんでしたが・・・

ところで親水性相互作用クロマトグラフィーの元の語はhydrophilic interaction chromatographyですが、これをどう略したらHILICになるのか?というのが今回のテーマです。

普通に略せば
Hydrophilic Interaction Chromatography
でHICとなります。

「LC/MS, LC/MS/MS Q&A100 虎の巻」には
HydrophILic Interaction Chromatography
の部分が略語の元であると書かれています。(p.131)

ネットで簡単に検索できる情報源としては

PC HILIC(資生堂)

HPLC基礎講座 第5回 分離モードとカラム(2)(日立ハイテクサイエンス)

が見つかりました。

日本工業規格の「JIS K 0214:2013 分析化学用語(クロマトグラフィー部門)」にもHILICの語は収載されていますが、残念ながらどの部分の略かは書かれていません。

ところで、これらの資料とは異なる情報が「LC/MS,LC/MS/MSのメンテナンスとトラブル解決」に書かれています。
hydropHILIC interaction chromatography
の部分が略語の元だそうです。(p.109)

そうか~!ここもHILICになってる!
と感心してしまいました。

この説に気づいたのはごく最近です。私の「図解入門 よくわかる最新分析化学の基本と仕組み 第2版」では第1刷で略語の由来を示していませんでしたが、増刷で多数派のHydrophILicを索引に書きました。
hydropHILIC説の信憑性は今後注意してみたいと思います。なんだか楽しい異説です。

ここで紹介した書籍の著者・刊行年・ネット書店リンク等はこちら
LC/MS,LC/MS/MS Q&A100 虎の巻
LC/MS,LC/MS/MSのメンテナンスとトラブル解決
LC/MS,LC/MS/MSの基礎と応用

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.11

増刷になります:「図解入門 分析化学の基本と仕組み」

ちょっと忙しくしていて7か月ぶりの更新になってしまいました。「図解入門 よくわかる最新分析化学の基本と仕組み 第2版」が増刷になります。ここ何週間かAmazonでも楽天ブックスでも品切れ状態でご迷惑をおかけしました。本館サイトに 増刷での修正箇所 のページを作りました。

分析化学に関する小ネタがいくつもたまっていますが、今日のところは修正箇所のページ作成で精一杯です。そこで私のブログでは異色の写真、相撲部屋の稽古風景です。

Sumo
これは3月の大阪場所の最中に、稽古場所の一つで撮影しました。ご多分に漏れず私の母が稀勢の里に夢中になりまして、相撲が見たいと言い出しました。しかしチケットの上手な取り方もわからず、普通に相撲協会のサイトで購入しようとしたら15分で売り切れました。それでも母は大阪へ来ましたので、稽古場所を調べて見学に行きました。

残念ながら稀勢の里の大阪宿舎の稽古場所は見学しにくい構造でした。この写真は日馬富士の部屋の稽古場所です。
実のところ私は相撲にまったく興味がなかったのですが、間近に稽古を見て、出入りする力士さんの大きさを至近距離で感じて、やっぱり迫力があるなと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.09.06

「LC/MS, LC/MS/MS Q&A100 虎の巻」

Lcms
LC虎の巻シリーズ(2001年から2006年に刊行)は液体クロマトグラフィーの定番解説書です。このほどLC/MSについても虎の巻が出ました。

この本がどんな本でどんな人に合いそうか、ご紹介します。

LC虎の巻シリーズは「虎の巻」が入門編で「龍の巻」「彪の巻」…と内容が高度になっていますが、「LC/MS, LC/MS/MS Q&A100 虎の巻」は入門編ではありません。ある程度LC/MSに関する知識を持っている人向けの内容です。

2014年刊の「LC/MS,LC/MS/MSの基礎と応用」、2015年刊の「LC/MS,LC/MS/MSのメンテナンスとトラブル解決」に続く姉妹編の3冊目とのことです。
つまり、この虎の巻は前2冊の内容を理解している人向けと言えます。初学者の方にはまず「基礎と応用」を読むことをお勧めします。

何しろ、こういう質問から始まっています。

Q1 「エンドフィッティング」「カラム栓」などの呼び方をされる部品は、「カラム」に含まれるのでしょうか?

Q2 送液ポンプの「プランジャー」はメーカーによっては「ピストン」とも呼ばれているようですが、どちらが正しいのでしょうか?

単に分析手法としてLC/MSを見るのでなく、全編「LC/MS愛」にあふれています。

個人的には次の質問が「そうだったのか!」でした。

Q14 最近、「四重極型質量分析計」などの表現が「四重極質量分析計」などのように「型」が取れたものに変わっていますが、その背景・理由は何ですか?

Q4 「質量分析」と「質量分析法」は同じものを指すのでしょうか?

マニアックとも言える設問は前半に多く、後半は意外に基礎的な質問が並んでいます。

Q93 四重極質量分析計の原理
Q94 飛行時間質量分析計の原理
Q95 イオントラップ質量分析計の原理
Q98 「選択イオンモニタリング」とは?
Q99 「選択反応モニタリング」とは?

という具合です。

全100問の設問をネットで読めないかと探しましたが、残念ながら 出版社の書籍紹介 には大まかな目次だけが掲載されています。
上の例のような用語の厳密な解説が含まれていますので、多くの人には何問か「そうだったのか!」という設問と答えが見つかると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.08.10

質量分析のイオン化は「電離」と呼ばない?

何年か前のことですが、GC/MSについて話していた時に相手がイオン化のことを「電離」と言いました。

「質量分析では『電離』とは言いませんよ」
「じゃあ、なんて言うんですか?」
「イオン化と呼んでますね」

話し相手は、化学系ではあるが質量分析は専門外というかたでした。
質量分析をずっとやっている人は「電離」という言葉は思いつかないかもしれません。(少なくとも私はそうです。)

電子イオン化の場合は分子から電子がはじき出されてイオンになりますから「電離」とも言えそうですが、実用されるイオン化はどんどんソフト化していて、電子捕獲やプロトン付加など、何かがくっつくイオン化がメジャーになってきています。
「電離」の語はプラスのものとマイナスのものに分かれる意味になりますから、イオン化全体を包含できません。

ところで、誰が、いつごろ、「電離」という日本語を作ったのでしょうか?もともとはどんな語の訳語だったのでしょうか?

元の語がionizationだったとすると、「離」という漢字を使ってしまったのは残念だったのかもしれません。イオンになることを表すなら「電化」のほうが良かったかも?

そう考えながら「文部省 学術用語集 化学編 増訂2版」(1986)を紐解いてみました。
「電離」の項には2つの英語が書かれていました。
 電離 electrolytic dissociation
 電離【物理】 ionization

なるほど。化学では、NaClがNa+とCl-に分かれるような現象を電離と呼び、物理学ではイオン化を電離と呼ぶということですね。

同じ用語集で「ionization」も引いてみました。
 ionization イオン化【化学】
 ionization 電離【物理】
とありました。

どうやらionizationを電離と訳すのは物理学の分野のようです。物理学では何かがくっついてイオン化する現象をあまり扱わないのかもしれません。だから「電離」で良いのかもしれません。あくまで想像ですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«「分析化学のおすすめ本」について